ラグビーティーシャツ

皆のオリジナルラグビーTシャツ

ラグビーTシャツのデザインアイデアはラグビーの選手、ラグビーのスピリット、ラグビーの雰囲気、ラグビーの伝説、ラグビーの昔話などを元に制作しています。

ラグビージャージやユニフォームはアイデンティティーを持っていると思いませんか?あまりラグビーを知らない人でも、早稲田のエンジのユニフォームは知っていますよね。さらに言えばオールブラックスもあの黒のユニフォームでハカをやる姿は有名です。ユニフォームの色がニックネームの由来になったのです。それほどラグビーにとってジャージやユニフォームなどはアイデンティティーを持ち大切なものなのです。
日本では日本ラグビートップリーグがあり、五郎丸選手のいるヤマハ、田中選手のいるパナソニックなどがこのトップリーグを引っ張っています。そして大学ラグビーも重要で早稲田大学のラグビー部、帝京大学のラグビー部、明治大学のラグビー部などが未来の日本ラグビーの選手となっていくのでしょう。早慶戦といえばOB達も注目してみる一戦です。

「Tシャツは江戸時代からかな」:おもしろTシャツの歴史

アメリカで生まれたTshirtはジーンズと一緒に合わせて着られることが多いですが、歴史的にみるとTシャツと一緒に生まれたのではないのです。
Tシャツの歴史はアメリカ海軍達が船内で下着として愛用されたことが始まりのようです。そうなるとジーパンとではなく、白いフレアズボンとともに着られたのが最初ということです。しかし長い年月を経て、世界中で愛されるTshirtです。もともと白のものが、ファッション性を持つようになり、色や柄そしてプリントと多様になっています。ここ最近ではプリントtシャツは人気で、オリジナルで作る人もいれば、コラボや町おこしなどにも利用されるほどです。これまでフランスラガーのブログを続けてきて、皆さんにラグビーTシャツも提供したいと思い、ラグビーのデザインを考えました。そしてフランスラガー!のブランドが産まれました。

「ラグビーってどこから?」:ラグビーの歴史

イングランドで生まれたラグビーは世界のスポーツになりそうです。サッカーよりまだまだですが、グルジアの伝統スポーツレロ(Lelo)またイタリアのフィレンツェの伝統スポーツカルチョ・ストーリコ(Calcio Storico)などがラグビーの起源のスポーツのようです。ラグビーの歴史は簡単ではないです。いろんなところで似たような伝統的なスポーツがあり、そしてもともとラグビーだったのが違うものになってしまったり、そしてさらにはラグビー自体まだスポーツとして完全な形になっていないのだとか・・・。ラグビーの歴史を探ってみても面白いですよ。

Tシャツのメンテナンス:洗い方法

Tシャツの洗い方は大事です。みんなはあまり気を付けないかもしれませんが、プリントティーシャツを洗濯機にそのまま入れて洗ってしまうとあまり良くないそうです。お気に入りのTシャツが色落ちしたりヨレヨレになってしまったらこんな残念なことはないですよね。洗い方や干し方をちょっと気を付けるだけで何倍も長持ちするのです。そんなテクニックを紹介しています。

Tシャツのメンテナンス:たたみ方

コットンTシャツを片付ける時有効なTシャツのたたみ方を教えます。時間とTshirtを守りましょう!速いスピードできれいにTシャツがたためる方法があるんですよ。これは必見です。ただ一度見ただけでははっきり言って速すぎて何が起こっているのか分かりません。笑

ラグビーの不思議なルール

ラグビーのルールはよく難しいといわれます。すべてを理解しようとするとやはり結構難しいです。しかしラグビーの基本概念は陣取りゲームなのです。簡単で分かりやすいところからラグビーのルール説明します。ラグビーはぶつかり合いの激しいだけのスポーツではないんです。海外では紳士のスポーツ、クレバーなスポーツと言われるほど、グランド内でも頭を使うスポーツなのです。
ラグビー世界ランキングは今どうなっていて、どうやって順位が決まるのでしょうか。

スーパーラグビーはベスト大会なの?

SANZAR(南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド)はスーパーラグビーを経営しています。フランチャイズシステムですが、2016年から日本のチームとアルゼンチンのチームは参加します。日本代表の選手(五郎丸、田中、リーチ、畠山など)は日本のチームか他のチームと出ます。